女子会と結婚

学生時代からの友人がほとんど未婚、ということもあり、
結婚に対しての危機感を感じずに30代後半を迎えています。

先日ばったり、以前の職場の同僚だった女性に会いました。
20代半ばで「出来ちゃった結婚」から円満退社をしたその友人は
子供も中学生になり、近頃やっと自由な時間も出来たらしく
ランチに出かけたり、買い物や美容院に外出するのがとても楽しいと
話していました。

以前だったら、「全く別世界の事」と思えた今の彼女の姿が
急にまぶしく思えました。

毎日の仕事に追われ、
同様に独身生活を謳歌している友人と集まっての
「女子会」では、そこそこ居心地がよく、
なにより「独身だからこそある自由」を楽しんでいるという
実感を味わえるので、
「結婚するなんて考えられないよね~」という友人たちに
同調して来ました。

「わたしは結婚がしたい」とは言うのは、
そこでの連帯感を乱すような空気もあります。

先日同僚に再会したことで、
わたしのなかでの「幸せってなに?」という気持ちに
最近変化が起こり始めています。

「子供を産む」ということに対してのタイムリミットも
影響しているかもしれません。

居心地の良さにどっぷり浸かって
時だけが過ぎていくという焦りが急に襲ってきています。